HOME > お知らせ > 学生のみなさまへ

サイトマップ

WebClassはWebベースのeラーニングシステムで、Webブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Safariなど)で講義を受けるというものです。本学のWebClassを利用する手順は以下の通りです。
なおWebブラウザの設定では、JavaScript、Cookie、ポップアップウィンドウを有効にしてください。

WebClass利用の流れ

  1. WebClassにログインします。ログインIDには情報基盤センター教育系IDを使用してください。教育系IDのパスワードを忘れた場合は情報基盤センター業務室(総合研究棟4階)にてパスワードの再発行を申請してください。eラーニングセンターではパスワードの変更は行えません。詳しくは情報基盤センターのこのページをご覧ください。
    WebClassにまだアカウント登録が無い場合は、最初のログイン時の画面で「ローカル認証はこちら」を選んでログインしてください。自動的にWebClassのアカウントが登録されます。次回以降は「ログイン画面を表示する」を選んでいただければ本学の共通認証システム(シボレス)を利用したログインができます。
  2. ログイン後に「コース選択」画面が表示されますので、受講したいコース(授業科目のこと)を選択します。場合によっては受講するコースにメンバー登録する必要があります。この場合、コースのメンバーになっていないと受講できません。コースの運用スタイルによりメンバー登録作業が必要な場合と不要な場合があります。詳しくは後述。
  3. eラーニングを開始します。ブラウザをマルチウインドウ、マルチタブの状態で利用すると(複数のWebClassの画面を同時に開くと)エラーが生じる場合がありますのでご注意ください。終了するときは、必ず画面左上の「ログアウト」をクリックしてから閉じるようにしてください。

 学内計算機室からWebClassを利用する場合の注意

 WebClassは本学の統合認証 (Shibboleth) を経由しての利用となります。学内のプライベートIPなどを利用している場合で、ブラウザにproxy.uec.ac.jp を指定していると一定時間経過後に認証が切断されることがわかっています。具体的な症状としてはWebClassを利用して一定時間が経過すると入力が行えなくなり、認証ページに戻るというものです。

 以上についての対応はWebClass側では対応できないものとなっていますため、長い時間の利用を避けるなどご協力をお願いします。

 メンバー登録が必要であり、コースの受講登録時にパスワードが必要な場合の受講方法

  1. WebClassログイン後、最初のウィンドウの下部にある「参加可能なコース」の下に
    >>全ての参加可能なコースを表示する
    というリンクがあるのでこれをクリックします。参加可能なコースが表示されますのでここから目的のコースを選びます。
  2. 授業で伝えられたコース用のパスワードを入力し「メンバーになる」ボタンをクリックします。このパスワードはメンバー登録時のみ必要であり、登録後は不要です。
  3. コースパスワードが設定されたコースの受講方法:pdf

 メンバー登録が必要であり、登録時にパスワードが不要な場合の受講方法

  1. WebClassログイン後、「参加可能なコース」から受講したいコースを選択します。
  2. 選択したコースに初めてアクセスした時、「メンバーになる」ボタンが表示されます。これをクリックしてメンバー登録を行い受講してください。
  3. パスワードが設定されていないコースの受講方法:pdf

 メンバー登録が不要な場合の受講方法

  1. 教員があらかじめメンバー登録をおこなっているためコースへの登録作業は不要です。WebClassにログイン後、受講可能なコースが画面に表示されますので、受けたいコースを選択して受講してください。

 お問い合わせ

 受講するコースに関する質問は、そのコースの管理者にご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

(C) 2010 The University of Electro-Communications. All Rights Reserved.