HOME > CDELについて > 事業計画

サイトマップ

eラーニングセンター事業計画

1. 統合システムの設計開発
eラーニングによる教育実践の基盤となる統合学習管理システム(LMS: Learning Management System)の開発を前年度より引き続いて行う.統合システムの設計開発においては,前年度,電子カルテシステムが設計・開発された.これにより学習状況が学生自身および教員双方から把握しやすくなり,学習計画立案や指導が容易となる.今年度は実践していく過程でさらに改良を行う.
(1)電子カルテシステムの設計・開発・改良
(2)動画配信を主としたe-LearningシステムとLMSとの連携

2. コンテンツ開発支援
  既にeラーニングを実施している教員,あるいはこれから実施する教員に対し,次のようなサービスを行う.
  (1) 動画コンテンツ収録のためのeラーニング推進センタースタジオ貸し出しと撮影補助
  (2) 動画コンテンツ収録のための機材(P4Webシステム)の貸し出し,利用法の講習
  (3) コンテンツ開発支援のための資金援助(学内公募により2件)

3. 研究成果の対外発表・調査
国内外の学会等において,eラーニングの実践ならびに研究成果の報告を行う.また,当該研究・実践分野の調査を行う.

4. 学内外向けのフォーラム/コンテンツ開発研修会の開催
eラーニング実践に関する学内外向けフォーラムや,コンテンツ開発の方法論およびLMSの利用方法についての研修会を開催する.

5. 『先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム』の支援
eラーニングセンターのオープン学習室に設置されている遠隔講義システムを用いて,筑波大学,東京理科大学,本学の3大学間で講義配信を行う.

6. 『ICT国際化ものづくりプロジェクト』との連携
  eラーニングセンターにおいて2件のコンテンツを開発する.


平成27年度 eラーニングセンター運営委員会委員

区分

氏名

 

委員長

柏原 昭博

センター長

委員

中野 和司

理事(教育戦略担当)

市川 晴久

情報理工学部教育委員長
情報理工学研究科教育委員長

末廣 尚士

情報システム学研究科教務委員長

阿部 浩二

大学教育センター長

多田 好克

情報基盤センター長

鈴木 勝

実験実習支援センター長

吉田 利信

センター長の指名(共通教育情報)

植野 真臣

センター長の指名(情報システム学研究科)

土屋 英亮

センター長の指名(情報基盤センター)

 

ページの先頭へ戻る

(C) 2009 The University of Electro-Communications. All Rights Reserved.